トップページ >  個人のお客様向け製品 >  データ用CD-R/RW一覧 >  CD-R/RWのよくあるご質問 >  CDが使えないことに関してよくあるご質問

「CDが使えないことについて」よくあるご質問

「ファンクションが間違っています」と表示されてデータの書き込みが出来ない。

パソコンのOSがWindowsXPの場合、CDの書き込みが有効になっていない可能性があります。
CDの書き込み機能が有効になっていない場合、「ファンクションが間違っています」と表示されます。パソコンの設定でCDの書き込み機能をを有効にして下さい。

■ WinXPのCD書き込み機能設定
「マイコンピュータ」を開く→CDドライブを右クリック→「プロパティ」をクリック→「書き込み」タブをクリック→「CD書き込みを有効にする」のチェックボックスにチェックを入れて「OK」をクリック。
CDの書き込みを有効にすることで、WindowsXPの書き込み機能を有効にすることができますので、パソコン上でCD-Rを認識できるようになります。

パソコンにてCDにデータの書き込みが出来ない。

パソコン搭載ドライブがデータを書き込み出来ないドライブ(読み込み専用CD-ROMドライブ)である可能性があります。ご使用環境を確認して下さい。

MP3等の圧縮した音楽データがカーオーディオ、CDプレーヤーで再生出来ない。

カーオーディオがMP3等の圧縮ファイルに対応していない場合再生出来ないことがございます。
圧縮した音楽データは、通常のデータとして認識されるため、プレーヤー等では音楽データとして認識出来ません。
カーステレオ、プレーヤーが圧縮ファイルに適合しているか否かの仕様をご確認下さい。

CD−R/RWにデータを書き込んだら、追記出来なくなった。

書き込み方法をディスクアットワンスで書き込んだか、セッションクローズしたものと推測します。ディスクアットワンスで書き込みを行う場合、自動的に追記が出来ない書き込みとなります。また、セッションクローズを行っている場合も追記は出来なくなります。パソコンの書き込み設定を確認下さい。また、書き込み方法により再生の可否も環境によって変わりますのでご確認ください。

他のパソコンで書き込んだデータが違うパソコンで認識されない。

セッションクローズがされていない可能性があります。
他の機器にて読み込みを行う為には書き込みを行った機器にてセッションクローズして下さい。
※セッションクローズとは、データエリアの前後にリードイン・リードアウトのデータを書き込み、他の機器で読み込み出来る様にする処理となります。

CD-Rのひろびろレーベルを使用しているが内周まで印刷できない。

レーベル面の印刷範囲はパソコンにより設定されます。パソコンの印刷範囲の設定をご確認下さい。

パソコンで記録したCD-RWが車のカーステレオで再生出来ない。

カーステレオがCD-RWに対応していないことが推測されます。
一般的にカーステレオでは音楽CD-ROM以外再生出来ない場合も多く見受けられます。
カーステレオがCD-RWに対応しているか否かの仕様を確認下さい。

CD-R/CD-RWに音楽を録音したものが、音楽用CDプレーヤーで再生出来ない。

音楽用CDプレーヤーはもともと音楽CD再生専用の機器であり、CD-DA形式で音楽を記録したCD-R/CD-RWディスクを再生するためには音楽CDプレーヤー側がCD-R/CD-RWディスクの再生に対応している必要があります(但し、発売年が古いものはCD-R/CD-RWディスクの再生に対応していない場合があります)。尚、対応している場合でも、CDディスク側の記録特性上の問題や読み出す再生機器側の問題により再生不可能な場合もあります。
また、CD-R/CD-RWディスクを記録する際に「ディスクのクローズ」作業も行う状態で記録が実施されていないと、再生機器での再生が不可能となりますので、記録前の設定準備には注意が必要です。

CD-R/CD-RWに記録した音楽がパソコンでは再生出来ても、カーオーディオやプレーヤーで再生出来ない。

音楽を記録したパソコンにて再生が可能な場合、CDプレーヤーでの再生に適合していない形式で音楽を記録している可能性がございます。
音楽CDの場合はCD-DAというフォーマットであり、CD-Rに音楽を記録する場合もCD-DAというフォーマットで記録しないとCDプレーヤーでは再生できないことになります。
しかし、MP3やWMAというCD-DAとは異なるフォーマットで音楽を記録した場合は、CDプレーヤーがこれらのフォーマットの再生に対応している場合のみ再生可能です。CD-Rに音楽を記録した際の設定をご確認頂きますようお願い申し上げます。

Windowsのマイコンピューターにてプロパティーを見ても、CD-R/CD-RWが正しい使用領域として表示されない。

何も記録されていないCD-R/CD-RWディスクは、パソコンに初回投入した時には未フォーマットの状態にありますので、エクスプローラのプロパティから確認しますと正しい容量が表示されません。これはWindowsの仕様であり、故障ではありません。ライティングソフト等を使用して書き込みが準備できた状態にて容量のチェックを行うことにより、正常な使用可能領域と空き領域が確認出来ます。

CD-R及びCD-RWへの書き込みが出来ない。

以下の方法にて、ご使用の機器動作が正常に実施されるかどうかをまずはご確認願います。

(1) OSがWindows XPの場合:
パソコン上でCDの書き込み機能を有効にすることでデータの書き込みが可能となります。
操作方法:「マイコンピュータ」をクリックし、CDドライブを右クリックすると「プロパティ」がありますので、こちらをクリックし、「書き込み」をクリックすると「CD書き込みを有効にする」のチェックボックスがあります。こちらにチェックが入っていない場合は、チェックを入れて「OK」をクリックしてください。
→CDの書き込みを有効にすることで、Windows XPの書き込み機能を有効にすることができ、書き込み可能な状態となります。

(2) OSがWindows Vistaの場合:
操作方法:ディスクを挿入したドライブをダブルクリックしますとフォーマットを実施する画面が表示されますので、「フォーマットのオプションを表示する」をクリックした後フォーマット形式を選択し、フォーマットを実行する。尚、ライブファイル形式を選択した場合、20〜30分弱必要となりますが、マスタ形式であれば選択後にてすぐにドラックコピーが可能となります。

CD-RWのデータ消去が出来ない。

CD-RWのデータ消去に関しましては、下記の方法がございます。

(1) Windows XPの場合:(マイコンピュータからのデータ削除)
1 「マイコンピュータ」をダブルクリックして開く。
2 CDドライブを右クリックした後のメニューにて、プロパティを開く。
3 プロパティの画面にて書き込みのタブがあるので、そちらを開く。
4 デスクトップCD書き込みの枠内にある、「このドライブでCD書き込みを有効にする」の左側のチェック欄にチェックが入っていることを確認する。
チェックが入っていればそのままOKで画面を閉じる。チェックが入っていない場合はチェックを入れていただいた後、右下にある「適用」を選択し、OKで画面を閉じる。
5 再度、マイコンピュータの表示画面からCDドライブを右クリックする。
6 その時に出てくるメニューにて「このCD-RWの消去」という項目があるので、そちらを選択して頂くとCD書き込みウィザードが起動致しますので、そちらを実行することによりデータを消去することが出来ます。

(2) Windows Vistaの場合:
1 データを消去するCDディスクをパソコンに投入して、認識動作が終了するまで待つ。
2 認識後にパソコン側より自動的に表示された画面は閉じる。
3 左下にあるスタートボタンをクリック
4 表示されている項目内の”コンピュータ”をクリック
5 CDディスクを入れているドライブのアイコンを右クリックして”このディスクを消去する”を選択する。
→書き込みウィザードが表示されるようになり、ディスクを消去する準備が出来ましたとなる。
6 ”次へ”を選択し、消去作業が終了するまで待つ。
7 消去は正しく終了しましたとなれば、”完了”を選択することで消去作業は終了となります。

(3) ライティングソフトからのデータ消去
記録用に使用したライティングソフトからもデータの消去を行なうことが出来ます。消去方法の詳細に関しましては、ご使用のライティングソフトにより方法が異なるため、ソフトウエアメーカーまたはパソコンメーカー殿にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

CD-RWのデータ上書き保存や一部消去が出来ない。

(1) Windows XPの場合:
一度ディスク側に書き込んだデータの上書き保存やデータの部分消去はディスク上では対応できないものとなります。その為、読み取り専用と表示されることで上書き保存はできないものとなり、全てのCD-RWディスクが同じ状態となります。
尚、もし上書き保存を行ないたい場合には、以下の方法にて可能となります。
1 記録データを一旦パソコンの本体側にコピーし、そこで上書き保存する。その後、再度CD-RWディスク側に追加記録する方法。→その場合には前に記録していたデータのファイル名が同じである場合には、追加した記録データのみ表示されるのみとなり、容量は追加したデータ分が使用されるものとなります。
2 記録データを一旦パソコンの本体側にコピーし、そこで上書き保存する。その後、ディスク側の記録データは一旦全て消去し、上書き保存したデータを書換記録する方法。
→CDへの記録データを一旦全て消去して再度そのCDディスクにデータを書き込むことを書換作業といい、CD-RWディスクはこの書き込み方法が可能となります。

(2) Windows Vistaの場合:
記録前のフォーマット形式を選択することが可能であり、ライブファイル形式によるフォーマットを実施したディスクであれば、ディスク上での上書き保存も可能となります。

マクセル製品の直販サイトアウトレット商品もお買得

マクセルのDiscの全てがここに!DVDやブルーレイディスクなどの基礎知識と活用TipsビジュアルエンターテイメントコーナーCMの情報など

AV/PCクリーナー

豊富な品揃えで、メディア周りをトータルサポート

この製品に関するお問い合わせ

この製品に対するお問い合わせはこちらから

Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無償)