トップページ >  個人のお客様向け製品 >  除菌消臭器一覧 >  一般財団法人試験結果各種 >  除菌・ウィルス除去・消臭試験結果

除菌・ウィルス除去・消臭試験結果

消臭効果試験

MXAP-AR200(インテリアタイプ)

イメージ:消臭効果試験結果4種類のグラフ

 

製品本体をデジゲータ(約109リットル)の密閉空間に入れ、設定したガス濃度になるように試験対象ガスを添加、製品を室温で作動させ、デジゲータ内のガス濃度をガス検知管で測定。
測定時間を、0、10、30、60、120及び180分で測定。
試験機関:(一財)日本食品分析センター

除菌効果試験

MXAP-AR200(インテリアタイプ)

    生菌数(/個) 結果
  開始時 24時間後  
大腸菌 検体作動 2.7X105 <10 検出せず
未作動 2.7X105 2.2X105
サルモネラ 検体作動 4.6X105 <10 検出せず
未作動 4.6X105 6.6X105
MRSA 検体作動 9.6X105 <10 検出せず
未作動 9.6X105 3.2X105
黄色ブドウ球菌 検体作動 3.7X105 <10 検出せず
未作動 3.7X105 6.6X105
アオカビ 検体作動 5.3X105 <10 検出せず
未作動 5.3X105 2.1X105

大腸菌

開始時

24時間後

 

サルモネラ

開始時

24時間後

 

MRSA

開始時

24時間後

 

黄色ブトウ球菌

開始時

24時間後

 

アオカビ

開始時

24時間後

 

試験ボックス(約9リットル)の密閉空間内に、製品本体と試験菌液(シャーレ(Φ6mm)に2mL)を入れて製品を作動しながら室温で保存。24時間後に、SCDLP培地10mLを用いて洗い出した後、洗い出し液中の生菌数を菌数測定用培地を用いて測定し、飼料1個当たりに換算した。
試験機関:(一財)日本食品分析センター

MXAP-AR200(インテリアタイプ)

イメージ:除菌効果測定試験結果のグラフ

25㎥(約6畳)の密閉試験空間内に、製品本体を設置後、攪拌ファンを作動させながら菌液を10分間噴霧し、2分攪拌した後に、試験空間内から初発(0分)の浮遊菌を捕集した。その後、所定時間毎に浮遊菌を捕集し、浮遊菌数を求めた。
試験機関:(一財)北里環境科学センター

ウィルス不活化試験

MXAP-AR200(インテリアタイプ)

インフルエンザウイルス

 試験ウイルス 対象 log TCID50/mL 結果
開始時 24時間後  
インフルエンザウイルス 本体動作時 7.3 検出限界以下 検出せず
本体未動作 7.3 7.5

試験ボックス(約9リットル)の密閉空間内に、製品本体とウイルス液(シャーレ(Φ6mm)に2mL)を入れ、製品を作動しながら室温で保存し、24時間後に感染値を測定。
試験機関:(一財)日本食品分析センター

ノロウイルス(代替ウイルス)

 試験ウイルス 対象 log TCID50/mL 結果
開始時 24時間後  
ネコカリシウイルス 本体動作時 7.3 検出限界以下 検出せず
本体未動作 7.3 5.5

試験ボックス(約27リットル)の密閉空間内に、製品本体とウイルス液(シャーレ(Φ6mm)に2mL)を入れ、製品を作動しながら室温で保存し、24時間後に感染値を測定。
試験機関:(一財)日本食品分析センター


  • オゾンにはウイルスなどを抑制する効果がありますが、感染の予防を保証するものではありません。

MXAP-AR200(インテリアタイプ)

イメージ:ウィルス不活化測定試験結果2種類のグラフ

25㎥(約6畳)の密閉試験空間内に、製品本体を設置後、攪拌ファンを作動させながらウィルス液を10分間噴霧し、2分攪拌した後に、試験空間内から初発(0分)の浮遊菌を捕集した。その後、所定時間毎に浮遊菌を捕集し、浮遊ウィルス数を求めた。
試験機関:(一財)北里環境科学センター