User's Voice導入事例・お客様の声お客様インタビュー

ザ・キャピトルホテル 東急
総支配人 末吉 孝弘 様

ザ・キャピトルホテル 東急

国内屈指のラグジュアリーホテルが認める、
優れたデザイン性と機能性。
新たな時代の衛生管理に「オゾネオ」が貢献。

国会議事堂や首相官邸を有し、まさに「国政の中心地」となっている東京・永田町。その一角にそびえる東急キャピトルタワーに入っているのが、株式会社東急ホテルズのフラッグシップホテル、ザ・キャピトルホテル 東急です。「不易流行」をコンセプトとする最上級のホスピタリティが国内外から高く評価され、世界的に権威のある「フォーブス・トラベルガイド」のホテル部門において最高評価の5つ星を獲得しています。
そんな国内屈指のラグジュアリーホテルが、衛生管理の一環としてマクセルのオゾン除菌消臭器「オゾネオ」を採用。エレベーターやレストランの個室に設置されています。同ホテルの総支配人、末吉 孝弘様にお話を伺いました。

国内外のVIPに愛され続ける、
最上級のラグジュアリーホテル

当ホテルは永田町という場所柄もあり、政治や外交に携わるVIPのお客様に数多くご利用いただいています。学会や経済団体の会合場所として、各界のトップの方々にお集まりいただく機会も少なくありません。そういったお客様に衛生上の不慮の事態がありますと、その影響はとても大きなものになるため、衛生管理には細心の注意を払っています。少しでもそのようなリスクを減らす努力をする中、新たな時代の衛生管理の一環として、マクセルさんの「オゾネオ」を活用させていただいているわけです。

お客様と従業員の安全・安心を最優先に考え、
徹底した衛生管理を実施

総支配人として、私は日頃から「働いている従業員の皆さんを不安にさせないこと」をモットーにしています。そもそも、お客様にサービスを提供する側である我々スタッフが罹患してしまってはいけません。そこで、全ての従業員に対して、自宅を出る前に健康チェックを行い、少しでも熱があったり具合が悪かったりした場合は自宅で待機するように指示しています。その上で、従業員通用口にサーマルカメラを設置して体温をチェックするほか、バックヤードのいたるところに消毒液を用意して、自身の手指消毒はもちろん、人の手に触れるドアノブなどを定期的に消毒するよう、衛生管理を徹底することで従業員間での感染リスクを低減させ、少しでも不安感を与えないようにしています。もちろん、お客様のいらっしゃるパブリックエリアに関しても、全てのエントランスへのサーマルカメラの設置、客室やレストランなどの消毒・換気など、さまざまな衛生管理を実施中です。さらに、どうしても密になりがちな比較的狭い場所には、マクセルさんの「オゾネオ」を導入することにしました。

エレベーターやレストランの個室など、
密になりやすい場所に「オゾネオ」を設置

具体的な設置場所としては、まずエレベーターです。客室が高層階にあり、どうしてもエレベーターをご利用いただく機会が多くなります。そこで、当ホテルでは全てのエレベーターに「オゾネオ」を設置することにしました。都内には数多くのホテルがありますが、パブリックエリアの全エレベーターにこのような装置を設置しているところはあまり多くないでしょう。「オゾネオ」を設置することで、衛生管理をしっかり実施していることをお客様にご理解いただき、安心していただくことができます。

他には、レストランの個室や会議室にも「オゾネオ」を設置しています。装置がコンパクトなので、テーブルに一定間隔で置いたり、お客様の近くに置いたりと、使い勝手がとても良いですね。

採用の決め手は、雰囲気を損なわない
デザイン性の高さ

現況を鑑みて、衛生管理対策として空気清浄機や除菌・消臭装置の設置を検討したものの、当ホテルが提供する「上質な雰囲気」を損なうような装置を採用することには強い抵抗がありました。居心地の良さを追求して日々努力を重ねているのに、そのような雰囲気に四角い巨大な装置が鎮座していたら違和感しかありません。そこで私は、デザイン性が高く、なおかつ機能的にも優れている製品を探したのですが、これがなかなか見つかりませんでした。

そんなとき、ある方からマクセルさんの「オゾネオ」のことを教えていただきまして、実際に製品を拝見した瞬間、「これだ!」と思いましたね。まさに求めていた条件を満たしていました。まず「色」です。私は真っ白な装置はそぐわないと考えていました。白では、当ホテルの雰囲気に馴染まずに浮いてしまうと思ったのです。「オゾネオ」はちょうど当ホテルの装飾に使用している石材に似たグレーで、すんなり馴染んでくれる印象でした。形状も素晴らしいですね。真四角ではなく、丸みを帯びた柔らかな印象で、優しい雰囲気を演出することができます。これならば、例えばエレベーターの隅に置いてもかさばることなく、風景にすんなりと溶け込んでくれます。無駄に存在を主張することなく、インテリアの邪魔もしない。そういうデザイン性の高い製品を探していた私にとって、「オゾネオ」はまさに理想通りでした。

静寂に包まれた空間にふさわしい、
驚くほど静かな動作音

ホテルマンとして、私はやはりデザイン性も含めた「心地よい雰囲気」に気を使います。空気清浄や除菌・消臭という分野で、その点をきちんと満たしてくれたのは、マクセルさんの「オゾネオ」が初めてでした。本当にすごいことだと思います。装置に要求される性能としては、空気がきれいになればそれでいいはずです。大きな動作音が鳴り響こうが、どんな無骨な形状だろうが、空気がきれいになれば他のことは気にしないのではないでしょうか。その点、マクセルさんのデザインに対するこだわりは流石だなと思いました。

動作音も驚くほど静かですね。当ホテルのような空間に装置の動作音のような音はふさわしくありません。上質な静寂の中で動作音だけが響いているのは不釣り合いなわけです。「オゾネオ」の動作音の静かさ、色、形状、そしてコンパクトさ。どれをとっても本当に素晴らしいです。これからもデザイン性にこだわった製品づくりを期待しています。

ホテル業界では豊富な実績を誇る
オゾンの効果

「オゾネオ」は低濃度オゾンを利用した装置ですよね。実はコロナ禍に入る前から、ホテル業界では主に消臭の目的で広くオゾンを利用してきた歴史と実績があります。お客様がホテルの部屋に入って、最初に気になるのはニオイです。前のお客様の香りが残っていたり、独特のニオイがしたりすると、あまり気持ちの良いものではありません。そこでホテル業界では、いかにして部屋を無臭に近い状態にするか、長年取り組み続けてきました。そんな中で最も効果を発揮したのがオゾンです。当ホテルでもオゾン発生装置を導入し、客室のクリーニングに利用しています。私は以前、スポーツクラブの運営に携わった経験があるのですが、そこでもプールの水をオゾンの力で浄化する装置を採用していました。そのような経験から、「オゾネオ」の低濃度オゾンによる効果も含めた機能性については、特に何の疑問も持ちませんでした。

お客様からも、従業員からも、
好評を博している「オゾネオ」

「オゾネオ」を導入して以降、お気づきいただいたお客様からは「ここまで安全・安心に気を配っているなんて、さすがキャピトルだね」とお褒めの言葉をたくさんいただきました。常連のお客様の中には、「このような時期の今だからこそ、安心できるキャピトルに来る」という方も数多くいらっしゃいます。おかげさまでお客様からは大変好評で、私もうれしい限りです。

従業員の間でも、衛生に対する不安感を取り除くことに「オゾネオ」が一役買っているようで、安心して働ける環境だと感じてくれています。私個人の感想としても、ホテル内で大きなクラスターが発生することもなく、無事に営業を続けられていますので、いろいろな衛生管理の一つとしてではありますが、「オゾネオ」を置いて良かったと思っています。

総支配人 末吉様とマクセルとの集合写真

これからも前向きな姿勢で、
お客様に安心・安全を提供

ホテル業界では、コロナ禍に入る前からノロウイルスなどに衛生管理に神経を尖らせてきました。世界的に見ても、日本は安心・安全を守る文化が根付いています。いろいろと規制が厳しい中、お客様に対してどのようなサービスが提供できるのか、全従業員が一つ一つにきちんと取り組み続け、その積み重ねが認められて「フォーブス・トラベルガイド」の5つ星獲得につながったのではないでしょうか。

世の中に新型コロナウイルスというものが現れてしまった以上、なくなることはないと思います。ホテルは常に安心・安全な場所でなくてはなりません。今後は空間をきれいに保つ対策に継続して取り組むことがもはや常識になっていくでしょう。困難な時期ですが、新しい発想をもって、前向きにチャレンジを続けていきたいと思います。