BIV-TW1100/BIV-WS1100コンテンツ保護技術SAFIA対応ブルーレイディスクレコーダー「アイヴィブルー」

話題の番組を見逃さない!「新番組自動録画機能」搭載

  • コンテンツ保護技術SAFIA*1対応のカセットハードディスク「アイヴィ」*2だからココが便利
    1. ハイビジョン放送番組の持ち出しが自由自在
    2. レコーダーを買い替えても録画番組が見られる
    3. 録画時間を無制限に増やせる
  • 新機能の「新番組自動録画」*3で話題の番組を見逃さない
  • 好評の「お好み録画」の登録可能数が大幅に増加
  • 自動録画機能でたくさん録って「ダブルiVスロット」で貯める
  • たくさん録っても見たい番組がすぐに見つかる、新機能「お好み再生」*4
  • 録画した番組をスマートフォンやタブレット機器で見られる*5
  • 4Kアップコンバート出力対応*6
  • スカパー!プレミアムサービスとあわせ最大4番組同時録画対応*7
  • お好きな部屋で番組を楽しめる、「DLNA対応」*8
  • 機能別に色分けした新しいGUIの採用で、操作方法がわかりやすい画面
  1. コンテンツ保護技術SAFIA (Security Architecture For Intelligent Attachment device)はSAFIAライセンスグループが提供するデジタルTVやデジタルオーディオ等のコンテンツ保護技術です。
  2. カセットハードディスク「アイヴィ」は別売です。
  3. 自動録画できるのは第一話目のみです。第二話目以降は録画設定が必要になります。
  4. 「お好み再生」は内蔵HDDのみに有効な機能です。
  5. 視聴には本機とスマートフォンやタブレット機器を同一ホームネットワークに接続する必要があります。スマートフォンやタブレット機器で視聴するには、アプリケーションソフトを機器にインストールしておく必要があります。アプリケーションソフトの詳細については当社ホームページをご覧ください。
    すべてのスマートフォンやタブレット機器での動作を保証するものではありません。
  6. 4Kアップコンバートは4K/24P出力となります。4K対応テレビ(別売)とHDMIケーブル(別売)での接続が必要です。
    また、1080/24Pで記録されたブルーレイディスクソフトが必要です。
  7. BIV-TW1100の場合。BIV-WS1100はスカパー!プレミアムサービスとあわせ最大3番組となります。
  8. 録画したデジタル放送番組の再生等にはDTCP-IP(著作権保護)に対応した機器、またはアプリケーションソフトウェアが必要です。すべての機器での動作を保証するものではありません。

製品の特長

コンテンツ保護技術SAFIA*1対応のカセットハードディスク「アイヴィ」*2だからココが便利

  1. ハイビジョン放送番組の持ち出しが自由自在

    「アイヴィ」はiVDRプレーヤーや日立の液晶テレビ「Wooo」*3など他のiVDRスロット搭載機器と互換性があるため、寝室や子供部屋、宅外でも自由に録画したハイビジョン番組を持ち出して視聴できます。

  2. レコーダーを買い替えても録画番組が見られる

    一般的なUSB外付けハードディスク*4では、録画に用いたテレビやレコーダーを買い替えた場合、新しい機器ではそれまでに録画した番組の再生ができなくなります。「アイヴィ」はコンテンツ保護技術「SAFIA」に対応しているため、iVDRスロット搭載機器であればカセットを入れるだけで再生でき、「大切な録画番組が見られなくなった」という心配がありません。

    SAFIA対応による録画番組視聴のイメージ
  3. 録画時間を無制限に増やせる

    内蔵ハードディスクがいっぱいになっても「アイヴィ」を追加することで録画時間を増やすことができます。一般的なUSB外付けハードディスク*4のように追加台数の制限もないため、録画時間を気にすることなく、見たい番組を思いのままに、たっぷり録画することが可能です。

新機能の「新番組自動録画」*5で話題の番組を見逃さない

番組表(Gガイド)で「新」と表記された新番組を自動的に録画できるから話題の新番組を見逃しません。ドラマやアニメなどのジャンルを指定したり、出 演者などのキーワードを追加したり、お好みの条件を設定することも可能です。「新作ドラマは、まず全作品の第一話を見てから第二話以降続けて見る番組を決める」といった使い方もできます。

好評の「お好み録画」の登録可能数が大幅に増加

気になるジャンルや好きなタレント名、キーワードを設定するだけで当てはまる番組を自動録画する「お好み録画」機能。登録可能数が従来機の2倍以上、最大15に増加。4人家族なら1人ずつ各3つ登録してもまだ余裕があるので、家族に遠慮することなく登録できます。

自動録画機能でたくさん録って「ダブルiVスロット」で貯める

2つの自動録画機能の「新番組自動録画」、「お好み録画」で話題の番組、見たい番組を録り逃しません。ダブルiVスロットを使えば、残りの録画容量を気にすることなくどんどん録り貯めができるだけでなく、1巻目の「アイヴィ」はドラマ用、2巻目の「アイヴィ」は好きなタレント用にするなど、内容に応じて振り分けて録画できます。また「アイヴィ」から「アイヴィ」へのムーブもできるのでライブラリー作りが簡単にできます。

たくさん録っても見たい番組がすぐに見つかる、新機能「お好み再生」*6

録画した番組をカテゴリーや出演者、ジャンルなど、さまざまな条件で自動分類します。見たい番組の条件を選択するだけで、見たい番組がすぐに見つかります。自動録画した番組も迷わずに見つけることができます。

録画した番組をスマートフォンやタブレット機器で見られる*7

DLNA対応の「アイヴィブルー」では、無線LANを介してスマートフォンやタブレット機器などのスマート端末で録画番組の視聴が可能です。
スマート端末にダビングして宅外に持ち出すこともできるので、見たい番組をいつでもどこでも視聴できます。

4Kアップコンバート出力対応

ブルーレイディスクソフトの映像を4K解像度にアップコンバートして再生できます。これまでにない高精細な画質が楽しめます。

スカパー!プレミアムサービスとあわせ最大4番組同時録画対応*9

地上デジタル、BS/110度CSデジタルチューナーを3基搭載し、3番組同時録画が可能*10です。さらに、「スカパー!プレミアムサービスLink」(録画・ダビング)対応のチューナー*11を接続すれば、最大で4番組まで同時録画が可能です。

好きな部屋で番組を楽しめる、「DLNA対応」*12

ホームネットワークに「アイヴィブルー」とDLNA対応のTVやパソコンなどをつなげば、お好きな部屋で録画番組の視聴が可能です。また、DLNAムーブIN機能を搭載しているので、お使いのTVなどがDLNAムーブOUTに対応した機器*13であれば、それらに録画されたハイビジョン番組を「アイヴィ」にダビングして持ち出すことができますので、録画した機器でしか再生できない一般的なUSB外付けハードディスク*4に録画した番組もコンテンツ保護技術対応の「アイヴィ」にダビングできます。

機能別に色分けした新しいGUIの採用で、操作方法がわかりやすい画面

シンプルなアイコンと機能別に色分けしたGUI(グラフィカルユーザーインタフェース)を採用。使いたい機能がすぐにイメージできるので、アイコンを選んでいくだけでスムーズに録画や視聴が行えます。

操作方法がわかりやすい画面(イメージ)
  1. コンテンツ保護技術SAFIA (Security Architecture For Intelligent Attachment device)はSAFIAライセンスグループが提供するデジタルTVやデジタルオーディオ等のコンテンツ保護技術です。
  2. カセットハードディスク「アイヴィ」は別売です。
  3. IVDRスロット搭載機種およびiVDRアダプタ対応機種が対象です。
  4. 特定規格準拠モデルを除く
  5. 自動録画できるのは第一話目のみです。第二話目以降は録画設定が必要になります。
  6. 「お好み再生」は内蔵HDDのみに有効な機能です。
  7. 視聴には本機とスマートフォンやタブレット機器を同一ホームネットワークに接続する必要があります。スマートフォンやタブレット機器で視聴するには、アプリケーションソフトを機器にインストールしておく必要があります。アプリケーションソフトの詳細については当社ホームページをご覧ください。
    すべてのスマートフォンやタブレット機器での動作を保証するものではありません。
  8. 4Kアップコンバートは4K/24P出力となります。4K対応テレビ(別売)とHDMIケーブル(別売)での接続が必要です。
    また、1080/24Pで記録されたブルーレイディスクソフトが必要です。
  9. BIV-TW1100の場合。BIV-WS1100はスカパー!プレミアムサービスとあわせ最大3番組となります。
  10. BIV-TW1100の場合。BIV-WS1100は地上デジタル、BS/110度CSデジタルの録画は最大2番組同時録画となります。
  11. 「スカパー!プレミアムサービスLink」対応のチューナー:本機には内蔵していません。視聴または録画するためには 「スカパー!プレミアムサービスLink」(録画・ダビング)対応チューナーとアンテナ、およびスカパー!プレミアムサービス の契約が必要です。
  12. 録画したデジタル放送番組の再生等にはDTCP-IP(著作権保護)に対応した機器、またはアプリケーションソフトウェアが必要です。すべての機器での動作を保証するものではありません。
  13. アップロード型のDLNAムーブ対応機器に限ります。

コンテンツ保護技術SAFIA対応ブルーレイディスクレコーダー「アイヴィブルー」BIV-TW1100/BIV-WS1100の紹介ビデオ

各部の名称と機能

  • 市販のブルーレイソフトを再生した場合、アナログ映像出力端子から映像は出力されません。

他社商標注記

  • Blu-ray Disc™(ブルーレイディスク)、Blu-ray™(ブルーレイ)、Blu-ray 3D™(ブルーレイ3D)、BD-Live™、BONUSVIEW™、BDXL TM、AVCREC™および関連ロゴは、ブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
  • 「iVDR」および「iVDR-S」は、「iVDR技術規格」に準拠することを表す商標です。
  • iVDRおよびiVDRロゴは、iVDRコンソーシアムの登録商標です。
  • スカパー!および「スカパー!プレミアムサービスLink」ロゴは、スカパーJSAT株式会社の商標です。
  • DLNA® the DLNA Logo and DLNA CERTIFIED® are trademarks, of certification marks of the Digital Living Network Allianceの認証マークです。
  • ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDEおよびGガイドロゴは、米国Rovi Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
  • Dolby、ドルビーおよびダブルD記号は、ドルビーラボラトリーズの商標です。
  • HDMIとHDMI High-Definition Multimedia Interface用語およびHDMIロゴは、米国およびその他国々において、HDMI Licensing, LLCの商標または登録商標です。
  • “AVCHD 3D/Progressive”および“AVCHD 3D/Progressive”ロゴはパナソニック株式会社とソニー株式会社の商標です。
  • Wi-Fi CERTIFIEDロゴは、Wi-Fi Allianceの認証マークです。
  • その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

ラインアップ

品種内蔵HDD容量iVDR
スロット数
型番

iVDRスロット搭載
ブルーレイディスクレコーダー
「アイヴィブルー」

1TB

2

BIV-TW1100

オープン

1TB

1

BIV-WS1100

製品の仕様

型番

BIV-TW1100

BIV-WS1100

HDD/ブルーレイディスク部

内蔵HDD容量

1TB(1000GB)

1TB(1000GB)

録画方式(ブルーレイディスク)

Blu-rayDisc™Rewritable Format準拠、Blu-ray Disc™Recordable Format準拠

録画方式(DVD)

DVDビデオレコーディング規格準拠、DVDビデオ規格準拠、AVCREC™規格準拠

録画圧縮方式

MPEG-2、MPEG-4 AVC/H.264

録画方式(iVDR)

Information Versatile Device for Removable usage規格準拠

録音圧縮方式

ドルビーデジタル、リニアPCM(非圧縮)、MPEG-2 AAC、MPEG-1 audio layer2

録画可能メディア

内蔵HDD、カセットHDD(iVDR)、BD-RE(SL/DL、BDXL TL)Ver.2.1、3.0
高速記録:2倍速まで、BD-R(SL/DL、BDXL TL)Ver.1.1、1.2、1.3、2.0
高速記録:6倍速ディスクまで

再生可能メディア

【ビデオ】内蔵HDD、カセットHDD(iVDR)、BD-RE(SL/DL、BDXL TL)Ver.2.1/3.0、BD-R(SL/DL、BDXL TL)Ver.1.1/1.2/1.3/2.0、BD-Video、DVD-RW(VR/AVC/Video)※、DVD-R(VR/AVC/Video)※、DVD-Video
【音楽】音楽用CD(CD-DA)、音楽用CD形式で記録され、ファイナライズ済のCD-RW/CD-R
【フォト】BD(JPEG)、DVD(JPEG)、CD(JPEG)、SD(JPEG)

リージョンコード

ブルーレイディスク:RegionA、DVD:#2

チューナー部

チューナー数

地上デジタル放送、BS/110度CS デジタル放送:各3系統

地上デジタル放送、BS/110度CS デジタル放送:各2系統

端子部

アナログ映像入力

ピンジャック 1.0V(p-p) 75Ω ×1

アナログ映像出力

ピンジャック1.0V(p-p) 75Ω ×1

HDMI出力

HDMI端子 19ピン TypeA ×1

アナログ音声入力

ピンジャック2V(rms) 47kΩ 不均衡 ×1

アナログ音声出力

ピンジャック2V(rms) 1.0kΩ 不均衡 ×1

デジタル音声出力

光コネクタ 角型光ジャック ×1

SDカードスロット

SDカード、SDHCカード、SDXCカード対応(miniSDカード、microSDカードは市販のアダプタを装着して使用可能)×1

USB端子

USB2.0準拠 TypeA DC5V 最大500mA ×1

iVDRスロット

iVDRコネクタ(SATA仕様)26ピン ×2

iVDRコネクタ(SATA仕様)26ピン ×1

LAN(10/100)

10BASE-T/100BASE-TX ×1

地上デジタル入力

75Ω F型コネクタ ×1

地上デジタル出力

75Ω F型コネクタ ×1

BS・110度CS入力

75Ω F型コネクタ(最大DC15V、4W) ×1

BS・110度CS出力

75Ω F型コネクタ ×1

一般

電源

AC100V 50/60Hz共用

消費電力(定格)

29W

26W

通常待機時

9W

8W

省エネ待機時(LCD表示有)

0.16W

0.16W

年間消費電力量

24kWh/年

22kWh/年

許容動作温度

5~40℃

許容湿度

80%最大(結露なきこと)

外形寸法

430.0(幅)×55.9(高さ)×277.7(奥行)mm(突起部含む)

430.0(幅)×55.9(高さ)×271.2(奥行)mm(突起部含む)

質量

約3.0kg

無線

規格

IEEE802.11a/b/g/n (J52は非対応)

-

セキュリティ

WEP64bit/128bit、WPA、WPA2

-

  1. ファイナライズ済みのDVD-RW/-R(2層ディスク含む)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加