「CDの仕様について」よくあるご質問

音楽用CDとデータ用CDの記録方式はどう違うのですか?

オーディオCDによる記録は、音楽CDの記録方式に準拠したものとなる為、記録した後に再生専用とするデータのクローズ処理が行なわれます。その為、その後は全容量を使い切っていなくても追加で記録が出来ない方式となります。
データCDの記録方式は2種類あり、1種類はCDに収録したいデータを全て一度に書き込みクローズ処理をしてしまう方法でデータ配布に主に使われます。 もう1種類は、フロッピーディスクのようにデータを少しずつ記録していく方法で主に個人のバックアップに使われます。この方法ではクローズ処理を行うまでディスクに空きがあればデータを追記することが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加