「アルカリ乾電池」よくあるご質問

「ボルテージ」の液もれ補償条件について

対象製品
製造コード11-2022以降のマクセルアルカリ乾電池「ボルテージ」単1形、単2形、単3形、単4形において。
使用推奨期限内で、警告・注意事項を遵守いただいて液もれした場合、電池交換、または機器を修理・交換いたします。

■使用推奨期限の確認方法
使用推奨期限は、電池本体に表示されております。
http://www.maxell.jp/dbps_data/_material_/localhost/htdoc/consumer/battery/dry/images/c_dry00005.png

補償内容
お客様からお申し出のあった対象製品の液もれに起因する損害に対して、弊社で液もれした電池と液もれが生じた機器を調査した結果、除外規定に該当しないと判断した場合に限り、電池交換、または機器の修理・交換をいたします。
修理・交換できない機器の場合、機器の液もれによって故障した部分の修理代金を査定させていただき、その金額を補償いたします。

連絡先
対象製品の液もれに起因したと思われる損害が発生した場合は、お手数ですが、下記までご一報ください。

マクセル株式会社 お客様ご相談センター
TEL 0570-783-137(ナビダイヤル)
受付時間 午前9時30分~12時、午後1時~5時
(土・日・祝日を除く毎日。この他にも、臨時にお休みをいただく場合があります。)

除外規定
以下の事由に該当する場合は、液もれ補償の対象外とさせていただきます。
・対象製品の液もれに起因しない損害
・電池本体に記載されている使用推奨期限を過ぎての液もれによる損害
・お客様の使用上の誤り(電池本体、パッケージに記載されている注意事項を遵守なさらなかった場合)に起因する液もれによる損害
・対象製品の液もれに起因する損害によって引き起こされた二次的損害や得べかりし利益の喪失などの、対象製品の液もれに起因する付属的損害
・一般家庭用品以外に使用された場合の損害
・液もれした電池と、その液もれによって故障したと思われる機器の現物を調査できない場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加