「DVDの使い方について」よくあるご質問

CPRMとは何ですか

CPRM(Content Protection for Recordable Media)とは、デジタル放送の「1回のみ録画可」である映像をDVDに録画した後に、別の記録メディアにデジタルコピーできなくする著作権保護技術になります。
デジタル放送の「1回のみ録画可」である映像は、CPRMに対応したDVDでないと録画できないようになっています。DVDレコーダーのハードディスクに記録した映像をDVDにダビングする場合は、DVDにダビングすると同時にハードディスクの映像は消去されます。このしくみは、DVDに「MKB」という鍵と、1枚ごとに異なる「メディアID」という識別情報が記録されており、これらの情報を元に映像データを暗号化して記録し、映像を再生するときには復号化しています。そのため、別のDVDにコピーしても、そのDVDの「メディアID」が異なるため正しく復号化できないため再生できないことになります。
現在のところ、録画用DVD-RAM、録画用DVD-RW、CPRM対応DVD-Rが、CPRMに対応しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加